Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

Desire's Eyes

Vol364 journey

いよいよ灼熱の近畿地方へ日本の古都を満喫してこようと思う…って未体験の暑さに耐えられるのか???更新はしばしお休みですSummiluxM35mmAsph....

Vol363 drove

SummiluxM50mmAsph....

Vol362 Reflection

SummiluxM50mmAsph....

Vol361 ナゾの光彩

先週撮影に行った帰りに撮った一枚これは一体何なのだろうか…北海道って蛍いないだろうし現像してナゾが深まったA7R Ultron21mmAspherical VM...

Vol360 composition

今日は蝦夷梅雨といわんばかりに暑かった風もないしムンムンしてるし、もうたまらなくエアコンのある職場が羨ましくある週明けから京都に出張に行くがこれ大丈夫か…αの新型を買うか、それともレンズを買うかまともに考えて節約するか…最期の選択が一番賢いが、きっと買うだろうなぁ、ストレス発散に(笑)ああ、それにしても暑い…この位の感度で撮るこのカメラの写りは絶品だでも高感度の感覚的なものはLeicaの方がよく感じるのは...

Vol359 misty

夏本番、暑い・・・入れ替えてしまうだろうと久々にA7Rを持ち出したそしてRaw現像で如何にLeicaのRawクオリティが自分の好みかを知ることになったA7R Ultron21mmAspherical VM...

Vol358 ultimo giudizio

大聖堂天蓋の見上げ『最後の審判』M9とMTyp240の色味を合わすのが結構疲れるやはりM9のAWBはおかしいんだろうが、好みはこちらだなぁこの旅では2つの『最後の審判』を見る機会に恵まれたが、どちらも甲乙付けがたいSummiluxM50mmAsph.&Ultron21mmAspherical VM...

Vol357 Duomo dentro

ダン・ブラウンの『インフェルノ』を読んだ後だけにダンテに出会えて何となく嬉しかった追い出されても故郷を愛し続けたダンテ『神曲』の物語がこの世界から生まれたんだと感慨深いUltron21mmAspherical VM...

Vol356 in zona Duomo

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の外装は改修中タイミングもあわず、中に入れなかったのが悔やまれるいよいよ中へSummiluxM35mmAsph.&Ultron21mmAspherical VM...

Vol355 Colazione caffè

鐘楼のあと空腹をようやく満たす、この旅初めてのホテル以外での朝食だった感動の光景のあとの朝食は格別だった・・・SummiluxM50mmAsph....

Vol354 Veduta di Firenze

美しきフィレンツェの眺望SummiluxM50mmAsph.&Ultron21mmAspherical VM...

Vol353 L'alba dei Basilica di Santa Maria del Fiore

ジョットの鐘楼に登ってこれを撮らないでは帰れないヴァチカンにドゥオーモを含むフィレンツェの眺望、コロッセオ内部の3箇所のためだけに用意したこのレンズ写りは文句なし、21mmの広さも慣れればまた好みであったこの旅行での手に入れたかった永遠の作品自己満足かもしれないが、半年が経過した今も色褪せることはない・・・この場所や時間など貴重な情報を私に提供して頂いたなかまちさんには心からの謝辞を第2幕の写真たちをも...

Vol352 Luce e ombra

階段を上りこの光景を目にしたときは言葉がなかった手には何も考えずカメラを構え構図をつくり絞りを決めた自分が勝負写真を撮るときはf5.6である光と影が覆う世界が美しくて息が切れていることなど全く関係がなかった・・・追記 Raw現像からの直接印刷だと非常に階調のある画なのですが    どうもJpeg変換と縮小で黒がつぶれてしまいました    多少階調をJpegでもみれるように修正しました    クリックしていただけ...

Vol351 Salite corridoio

ジョットの鐘楼はなかなかの登りである途中たまたま一緒に登ったアメリカ・フィラデルフィアから娘さんと一緒に登っていた女性と息を切らしながら会話をしたお互い”Hard work”といいながら笑顔でゆっくりと登った何度か休憩の場がありそこからすでに素晴らしい朝日を浴びる街を眺めた次第にかかりつつある雲が晴れることを祈りつつまた階段を徐々に最上階を目指し登るSummiluxM35mmAsph....

Vol350 Campanile di Giotto

フィレンツェ駅からそのまま向い、教えられたとおり悩むことなくこの鐘楼へ。時間はぴったり8:30一番で登るこの旅行、私が感動した渾身のショットをしばらく続けますSummiluxM35mmAsph....

Vol349 La strada per il Duomo

只歩いた、その場所を目指し高鳴る鼓動を感じながら・・・まるで高校生時代の好きだったあの娘を一目見るかの気分であの日みた姿と何一つ変わらないその美しい姿が曇り空で焼ける朝日を浴びて待っているSummiluxM35mmAsph....

Vol348 è nuvoloso

到着地の天候は微妙曇り空が広がる旅程的にこの日だけの日帰り訪問Basilica di Santa Maria Novellaどんどん曇り空が覆っていく…ただ、まだ起きがけの街は静かで魅力的だったSummiluxM35mmAsph....

Vol347 Firenze Santa Maria Novella

気合いで高速列車Frecciarossa(FR)へ乗り込み、そして数分で意識を失った…いつの間にか夜は明け、目的地の近くで目が覚める乗り込んで凡そ2時間、漸く目的地にたどり着くどのぐらい憧れたであろう、そしてどれほどこの眼で見たかったか寝起きでふらつきながらもシャッターを切ることで神経が研ぎ澄まされたSMN駅は実に美しい駅だった…高鳴る気持ちと共に外へ向かうSummiluxM35mmAsph....

Vol346 partire

4:30起床六日間歩きつづきで足腰の痛む中いよいよもう一つの目的地へ6:03発の列車へ乗り込む決してテツではないが、つい撮ってしまったなかまちさん、お待たせいたしましたようやく現像を終えましたSummiluxM50mmAsph.&SummiluxM35mmAsph....

Vol345 flowercarpet

 すっかり国際色豊か海外からの色鮮やかな方たちをflowercarpet 2015SummiluxM50mmAsph....

Vol344 Clarity

以前はこういったグラスを撮らなかった正確に言うとこの透明感を知らなかったLeicaのLensで写すと全く違うから本当に感動できる…SummiluxM50mmAsph....

Vol343 Hula

SummiluxM50mmAsph....

Vol342 artisan

あっという間に半年が終わってしまった今日LeicaのCCDの対策品のNewsが掲載されたこの対策品があるということはやはりCCDをLeica自体が捨てられないということだそしてますますM9-Pの中古を買うか、A7RⅡにするかを悩むことになったLeicaQもヨサゲな記事しかない、う~ん、悩んでいるうちが楽しい…SummiluxM50mmAsph....